実際に暮らしているイメージで現地調査

不動産屋を利用して賃貸物件を探すことになりますが、その不動産屋のクチコミ情報をチェックしておきましょう。
適当な対応をしているような従業員が在籍している不動産屋は避けるべきなのです。 自分にとって理想的な賃貸物件を探しているのでしたら、不動産屋の資料だけではなく、しっかりと現地に出向いて物件の調査をしましょう。
なので不動産会社の担当者に車で現地に連れて行ってもらった時でも、自分の足や目でしっかりと確認をしてください。

 

やはり物件の良さで最も注意するべきことがアクセス性であり、地図上だけの確認ではなく、現地で電車やバスの時刻表の確認をすることが大切です。
夜間遅くなりがちな人はタクシー利用時の料金や駅周辺情報を確認しておきましょう。

 

人によって生活の便利さに求めているものが違うことから、自分のライフスタイルを考えて現地調査を行いましょう。
まずは自分のライフスタイルをまとめてから現地へ下見に行くのが賢い方法と言えます。



実際に暮らしているイメージで現地調査ブログ:29 5 2020

減量に成功して
目標の体重に到達すれば、嬉しい限りですが…

目標体重に到達したからといって、
元通りの食べる事に戻してしまえば、
おそらく確実に体重は増えてしまうでしょう。

逆に、今までの減量生活を続けていけば、
自分の理想としている体型よりも細くなってしまいます。

なので、減量は
目標点に到達したあとが「厄介」なんですよね!

よく「リバウンド」という言葉を耳にします。

痩せたことに安心して、
元通りの食べる事に戻したら、
結果体重が増えてしまったというやつですね。

減量した直後というのは、
不安定な状態となっています。

ですから、ご飯を食べすぎると
すぐに体重にあらわれてしまいます。

リバウンド対策として、
ボクが実践しているのは
「こまめに体重計に乗る」ことです。

コンスタントに体重計に乗ることによって、
自分の体重の増減を理解することができます。

たとえ体重が増えたといっても
こまめにのっていれば、大した増量ではないはず。

ですからリカバーしようと思えば、
容易に取り返すことができる体重の増え方なんですよね。

だいたい、
リバウンドの恐怖というのは
一ヶ月程度続くのが一般的です。

一ヶ月を過ぎて、理想の体重をキープすることができれば、
おそらく元通りの食べる事に戻しても
問題はないでしょう。

というのも、
自分の肉体が初期化を果たすからです。

そして情報の再入力を行い、
今の理想的な体重の状態を
「通常」という風に認識をするからです。

このように減量というのは
ただ単に体重を減らすことだけが目的ではありません。

減らした体重の状態を、
いかに長いことキープし続けるかが、
減量のカギになってくるのです。

フンガフフ